0009



    0009








    相手のために と放たれる優しい音色の言葉たち



    相手のココロに響かず 虚しく風に溶けていくのは



    自分を飾りあげるために奏でた言葉たちだから








    2018-10-27
    ”虚”


    スポンサーサイト



    0008



    0008






    応援しています

    負けないで

    祈っています

    元気になって





    遠くにいる知らない誰かに優しくできるあなた

    すぐ近くにいる友人にも同じことを言えてますか







    0007




    0007








    ずっと変わらないことを願い

    ずっと変わらぬものを求めて





    なのに

    自分は いつの間にか変わっていた







    0006



    0006







    もつれて

    ねじれて

    からまって

    ほどけない



    ハサミで切ってしまわないと

    もう 時間がない



    ちょきん

    ぽとり・・・



    もっとはやく こうすればよかったんだ

    もう 時間がないのだから





    0005





    綿毛







    世界が広いと思っていたのは幻想で

    実は狭くて息苦しくて

    飛び立つ先を見失ってしまう













    カレンダー
    08 | 2019/09 | 10
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 - - - - -
    最新記事
    リンク
    このブログをリンクに追加する
    プロフィール

    朧月夜

    Author:朧月夜
      
    感じたこと
    考えたこと
    いろいろと